2013/05/24

色彩を持たない多崎つくると舟を編む。

タイトルなんのこっちゃですが、
最近読んだ、この2冊。




私は「舟を編む」が好きでした!
面白かったので、珍しく映画もすぐに見に行ったくらい。




「舟を編む」は辞書をつくる人たちの話ですが、
本を作る人たちの情熱がとても伝わりました。

どんな本も、たくさんの人が関わって、
たくさんの思いを持って作られている。


どんな仕事もそうだと思うけど、
そんな一生をかけたいと情熱を持てる仕事に出会えるってほんとうに、
運のいいことで、
そういう意味では、私もとても恵まれているな、と。

良かった!